年齢を問わず、にきびケアに悩まされている人は少なくない

年齢を問わず、にきびケアに悩まされている人は少なくないですが、にきび治療のためには毎日の洗顔はとても大事です。にきびを治療するためには、どんな洗顔が効果かあるといえるのでしょう。にきび治療の洗顔で、まず心がけることは洗顔料です。弱アルカリ性で、泡切れも泡立ちもいいものを選びましょう。汗や皮脂などの分泌物や、顔についた汚れやゴミを除去することが、洗顔をする理由です。洗顔は、頻繁にしすぎないこと、定期的に行うことです。皮脂の分泌が多い人であれば1日2~3回くらい優しく念入りに洗顔するのが良いでしょう。顔の毛穴が開くように、蒸しタオルをまず顔にあてます。それから泡立てた泡を顔につけます。強くこすりすぎず、泡を使って顔の皮膚をくるみこむようにして洗うと、にきび治療に効果的です。一回の洗顔時に2回の洗顔を行うという、ダブル洗顔か汚れ落ちがよく、皮膚を清潔に保てます。最初の洗顔は、大まかな汚れや、クレンジングのために行います。残った汚れや細かなものを、2度目の洗顔できれいに洗い落とします。皮膚を汚れのない、きれいな状態にすることが、にきびの治療時には何よりも大事です。にきび用石鹸であるピーリング石鹸を使っても良いでしょう。皮膚科などで相談して自分の肌に合った石鹸を利用するようにしましょう。毎日洗顔をして皮膚をいたわることで、にきびの治療をしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ