ローン特約をいう言葉を耳にすることがあります

ローン特約をいう言葉を耳にすることがあります。売買契約時にローン特約をつけることは大事なことなのでしょうか。ローン特約とは売買契約締結後に万が一住宅ローンを借りることができなかった場合、売買契約を白紙にできるというものです。売買契約書にローン特約が無い場合には、何らかの形で売買代金に充てる資金を調達しない限り大変です。違約金や損害賠償金を払わなくては、一度とり交わした売買契約を破棄できないこともあります。当然ながら仲介業者の責任も問われることになります。銀行から事前調査によるローン契約の内定があったことで安易に住宅ローン特約を外してしまうとこのような事態になります。もしも、一旦はローンの内定をもらっていたのに、審査でつまづいたとなると、何かが関わっていると考えられます。事前審査で申告した内容に虚偽の記載があったり、提出書類を故意に書き換えていたりすることもあるようです。買主に何ら責任がないとしても、銀行の審査方針が急に変わってしまったりする場合もあります。違う金融会社からお金を借りようとすることも、結構大事業です。事前に融資の内定が出ていたとしても万一の場合に備えて売買契約書に住宅ローン特約を必ず入れておいた方が良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ